本場のバームクーヘンは素朴なパッケージ

先日、新宿へ行ったついでに伊勢丹の食品売り場を

ウォッチング。

高級感を漂わせている入口から入った通り沿いにある

海外系の店の中で唯一フツーな感じのバームクーヘン

屋さんがあった。

「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」


おすすめを店員さんに聞くと、「できたてをカットしている

1050円のバームクーヘン」だそうなので、早速購入。

(ちなみに値段が高いバームは日持ちはするが、酸素

バリアの袋で密封してあり、多少鮮度は落ちるらしい)


包みたい.comトリエパッケージ株式会社  榎本泰裕のブログ 
素朴なデザインのワンタッチ式の箱。

全てドイツ語なのできっとドイツ製


包みたい.comトリエパッケージ株式会社  榎本泰裕のブログ 
バームクーヘンが入っていたグラシン紙

の袋(フィルムとの貼り合わせ品、合掌ガゼット袋)

リサイクルマーク入りだったので、もしか

したら日本製?

袋止めのシールはドイツ製か?


包みたい.comトリエパッケージ株式会社  榎本泰裕のブログ 
1050円のは賞味期限当日中


ドイツの製法を順守し、油脂はバター

を使用し、一切の添加物を使わずに

作られているそうだ。


味は正直、美味しいのだが、後に引かない。

(というか、本当はよくわからない)

敢えて言うと、

我が国で最近受けるのは「香ばしさ」というか、

なかなかやめられない、つい食べ過ぎてしまう

ような美味しさだと思うのだが、そういうインパクト

はない、かな。


現在、日本に2店舗(もう1店舗は大阪)だそうだが、

店舗が激増するということはなさそうだ。


でも、手作りっぽいパッケージは個人的には好み。

お菓子もともども、あまり迎合しないで、希少価値

で頑張って欲しい。



 

 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから