チョコレートグラシン

バレンタインも終わり、チョコレートで盛り上がる時期も間もなく終わりますが、
昨年秋以降、問い合わせが

多かったのがチョコグラシンペーパー。


既製品で探したが適当なものがなかったとか、
バレンタイン用に大至急用意してほしいというお客様が多かった。


シリコンコート品とコート無し品 どちらを選んだらよいか

わからないお客様も結構いらっしゃいました。


弊社ではチョコレートやその他食品を直に包んだり、

敷いたりする場合は必ず「シリコンコート品」をご使用していただいておりました。


コート無しの場合、茶色の染料が色移りする可能性が

あるそうです。(メーカーからの情報によると)


そういえば印刷の場合も、表刷りのインキは手指の油分で

すぐとれてしまいます。(通常、フィルムの印刷品は2層の内面に

印刷している場合が多い=裏刷り)


食品に使用する場合はインキ面が直接触れないように

十分注意しなければなりません。


最近気になるのが、箱入りのアイスクリーム類(ファミリー用)。

箱の印刷インキの臭気がすごいものがたまに売られている。


中のアイスに直接触れるものではないのだが、冷蔵庫の冷凍室

にインキ臭がこもってしまうものもあった。


これって無害だとは思うが何とかならないものか・・・。


 

 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから