日本酒の容器はアルミもいいのだ!

先日、日本橋丸善裏にある「富士の国やまなし館」
で購入した日本酒がこれ。

 

櫻守

720ml入りアルミ缶ボトル

 

「櫻守」という日本酒。
山梨県北杜市にある谷櫻酒造という会社で造っている。
職業柄魅かれたのはやはりこのアルミ製の容器。

 

密閉性、遮光性などの機能はガラス瓶より総合的には
優れていそうだし、今までなんで見かけなかったのだろう。

 

このまま60度湯煎で燗もできる。
何といってもうっかり落としても割れないので、持ち運び
に安心。

 

ネットで調べてみると、何とこの商品「やまなしグッドデザイン
2005選定商品」に選ばれていた。

 

冷蔵庫で冷やして冷酒で頂いたのだが、やや辛口のこれぞ
日本酒という味。美味しい。

 

アルミ容器が普及しない理由は何か?
価格? 充填設備? リサイクルにネックがある?

 

いろいろ考えてみたけど、やはり「見た目」、高級感が劣る
のかなぁ。

 

ほんとに偶然今朝の新聞に「350ml缶入り日本酒」発売
の記事が出ていた。(コールド大関)

 

コールド大関

 

これからの日本酒は「アルミ容器」の時代が来そうな予感。


 

 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから