連休に読んだ。「日本大沈没」

連休に何度も頷きながら読んだ本。


包みたい.comトリエパッケージ株式会社  榎本泰裕のブログ


藤巻健史氏著の「日本大沈没」。


財政大赤字なのにバラマキし続ける国政。

国債の引き受け手がなくなり、ついに日銀

がお金を大増刷(印刷しまくり)。直接引き受けざる

を得なくなり、その結果、市場にお金がジャブジャブ

溢れ、超インフレに。


お金の価値が大幅に下がるので、借金を抱えている

人にはラッキー。


円も大幅安になり、我が国の製造業が復活する。


嵐のあとには陽が差してくるストーリー。


ただ藤巻氏は我が国の「社会主義的体制」を変えなければ、

再び同じことを繰り返すと説く。


世界的に見て手厚すぎる「生活保護」が顕著な例。

(200万人超が受けているそう)


なんとなく今のままでいい。不満のエネルギーが上手く

制御されている。


選挙の投票率が低い原因もそんなところにあるのかも。


よくよく考えたら、45%位の投票率でやっと過半数を得た政党の、

その中のやっと過半数で選ばれた人が総理大臣やってるんだよね。


投票率80%だったらどういう結果になるのか。


藤巻氏は過去の歴史を振り返っても、明治維新、第二次世界大戦

と外圧が無ければ変革できないのが日本だとも述べている。


そうだとすれば・・・・・。






 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから