「MAKERS」読んだ!

MAKERS

 

 

結構読み応えあります



今話題の書「MAKERS」を読んだ。


インターネット+汎用ソフトウエア+最新デジタル機器

の活用で、誰でも好きなものが好きなだけ造れるように

なりつつある。


スケールメリットを追いかけた時代から独創性や

オーダーメードの時代へ移行しつつあり、これからの

先進国製造業が生き残る道を示している。


又フェイスブックなどSNSの活用により、ネット上に

見知らぬ人同士の商品企画部的グループが生まれ、

技術的にも高度なモノづくりが可能になるという。


そういえば、自分が好きな自転車(ロードバイク)なんかも

例えばフレームのデザインや色をオリジナルにして、各パーツ

も全て自分好みで世界に1台モンをつくれれば素敵。


しかもネットで簡単に出来ちゃいそうだ。

(グーグルで検索すれば既にありそうな気もするけど)


だが、我が国(日本)の製造業はどうなるのか?


いわゆる大企業が転換期を迎えているのは間違いない。


世界を相手にするにはコストが高すぎる。

日本国内でいくら頑張っても、固定費を補えない程の稼ぎしかない。

付加価値が高い商品開発といっても・・・・。



これからは自分だけのこだわりをもつ層、スタンダードな我が国の

定番メーカーを好む層、安けりゃなんでもよい層(これからは南アジア、アフリカか)

にはっきり分かれていくのかな・・・・。






 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから